お客様の売却体験談

実際にお客様は、どのようにして不用品を売却されているのでしょうか?
古くなった家具や機器、使わなくなった介護用品なども、それを使いたい人にとっては必要な物なので、高額で売却することが可能です。

ここでは当店でどのようなお客様が、どんな品物をいくらでご売却されたのか、3人のお客様を例に挙げてご紹介しましょう。

事例1【趣味のカメラの売却】Aさんの場合

買取品目 カメラ(3台)
お住まい 川崎市
年齢・性別 30代・男性

川崎市にお住いの30代男性は、ご自身が趣味で使っていたカメラが不要になり、「できれば3台とも買い取ってほしい」と、メールでご相談がありました。

趣味の品とはいえ、新品を購入すればトータルで40万円以上する、高価なカメラです。3台とも状態が良いとお聞きしたので、まずは宅配便で当店に送っていただくことになりました。

日本のカメラは品質の良さで定評があり、海外からのニーズもかなりあるため、中古品でも十分に販売が可能です。品物を確認したところ、丁寧に使われていて状態もよく、当店では25万円をご提案させていただきました。お客様としては、その半分ほどの査定額を予想されていたようで、即契約に至りました。

事例2【引っ越しで家具を売却】Bさんの場合

買取品目 棚・椅子・テーブル
お住まい 中央区
年齢・性別 20代・女性

20代の女性は、ご結婚が決まって新居に引っ越すことになり、一人暮らしで使っていた棚と椅子、テーブルを売却したいと、LINEを通じてご連絡がありました。

写メも撮影していただき、3品とも丁寧に使われていることがわかりました。全部で6万円のお見積もりを立てたところ、「引き取ってもらえるだけで助かるのに、お金までいただけて嬉しいです」とのことで、了解をいただきました。

品物を宅配便で送っていただき、状態を確認後、すぐにご指定の口座に振り込ませていただきました。

事例3【遺品整理で不用品をまとめて処分】Cさんの場合

買取品目 介護用品・工具
お住まい 相模原市
年齢・性別 70代・女性

70代の女性は、介護をしていたご主人が亡くなられたため、これまで使っていた介護用品が必要なくなり、「全部まとめて買い取ってほしい」と電話でご連絡がありました。

お客様宅にお伺いしたところ、車椅子や浴槽の手すり、バスボード、介護用の電動ベッド、ポータブルトイレ、歩行器と、合計6点の介護用品がありました。

多少の傷や汚れはありましたが、修繕をすれば使える状態でしたので、トータルで10万円をご提案したところ、「持って行ってもらえるので助かります」とのことでした。その場で現金をお渡しし、すぐに品物を回収させていただきました。

まずはご相談ください!
オンライン査定も可能です

電話受付 10:00~20:00